Sportsどんblog

スポーツネタ中心に書きます!

【甲子園】チームを超えた友情

こんにちは☀

スポーツ大好きどんちゃんです(^-^)

 

 

連日の猛暑の中、開幕した甲子園

 

 

試合や気温はもちろん

それよりも熱いドラマがありました!

 

 

その試合は

全国高校野球選手権大会の2日目、

第3試合

北照対沖学園戦

 

 

 

 

北照の四番で左翼を守っていた岡崎翔太選手

 

 

9回表に

沖学園の先頭打者、吉村侑希選手(3年)が放った左中間への打球(二塁打)を処理した際、両足がつってその場にダウンしてしまいます

 

 

気温が34度に達していたこともあって、

試合は一時中断となりました

 

 

 

ここで駆けつけたのは

対戦校沖学園の

三塁コーチャー・上園凱斗選手

 

コールドスプレーを持って

また

背番号18の高塚選手と背番号13の高原選手飲料を持って駆けつけ

 

倒れた岡崎選手にスプレーと飲料を差し出し

治療しました(^-^)

 

 

岡崎選手は

その後一旦担架でベンチまで運ばれたが、ベンチ裏で治療を受けたあと

守備位置に復帰しました💡

 

 

お互い初勝利を目指す敵チームですが

 

そのチームの垣根をこえ

思いやりの行動に甲子園から大きな拍手湧きました👏

 

上園選手は

 

「コールドスプレーを持っていたのが僕だけだったので、思わず体が動いた。ありがとうと言われました」

 

とコメント

 

勝敗を持ちろん大事ですが、

 

相手を称え、

思いやることの大事さ

 

を僕自身学びました(^-^)

 

 

以上どんちゃんでした(^^)

 

引用元はこちら⤵︎

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00000108-spnannex-base